どちらの水がいいのか

>

好みの水を選ぶために

味にクセがないと言われる

硬水は、味にクセがあります。
ですからなかなか、好きになれない人も多いでしょう。
健康管理のためにたくさん水を飲もうと思っても、好きでない水を飲むのは辛いです。
ストレスになりますし、水分補給が億劫になります。
それよりだったら軟水を選択して、頻繁に飲んだ方がいいでしょう。
軟水は味にクセがないので、誰でも飲みやすいと思います。

軟水でもたくさん飲むことで、身体の循環機能を高めることができます。
体内の水分量が足りていないと、循環機能が滞るので乾燥したり、内臓の機能が低下したりします。
健康になるために、水は欠かせない存在だと思ってください。
水の種類を選択する際は、飲みやすいものや、気に入った味の水を選びましょう。

身体に与える刺激が少ない

まだ幼い子供に水を与える場合は、できれば軟水にしてください。
軟水は身体に与える刺激が少ないので、たくさん飲んでもお腹を壊しにくいです。
硬水は、ミネラルが多く含まれています。
ミネラルの1種であるマグネシウムをたくさん摂取すると、幼い子供はお腹を壊してしまう可能性があるので、注意してください。
子供だって、水分補給は大事です。

たくさん飲んでも問題が起こらないよう、軟水を
選択しましょう。
赤ちゃんのミルクを作る時も、軟水を選択してください。
子供は大人よりもデリケートな身体をしています。
大人は飲んでも大丈夫な量でも、子供にとっては多過ぎるかもしれません。
家族の水分補給用に水を購入するなら、軟水を選択する野が安全です。


TOPへ戻る