どちらの水がいいのか

>

使う場所を考慮して決めよう

敏感肌の人に好まれている

お風呂で身体を洗った後に、お肌が乾燥したり、炎症を起こしたりする人がいるでしょう。
石鹸が合っていない可能性もありますが、水が合っていないことも多いです。
水を変えることで、お肌のトラブルを改善できます。
硬水に含まれるミネラルが、お肌に悪影響を与えています。
お風呂では、軟水を使ってください。

軟水はお肌に優しいので、特に異変が起こることはないと思います。
これまで敏感肌でなかった人でも、たくさん硬水を浴びることによって炎症が起こるケースが見られます。
自分のお肌に異変がないか、常にチェックしてください。
放っておけば治ると、甘く考えてはいけません。
水を変えないと、炎症は収まらずどんどん悪化してしまいます。

正しい身体の洗い方を知ろう

石鹸は、泡立てないと汚れを落とす効果を発揮できません。
軟水を使うと、簡単に泡立つと言われています。
なかなか石鹸が泡立たなくて困っている人は、軟水を使ってください。
子供は、泡立てるのが苦手な場合が多いです。
しかし泡立っていない状態で身体を洗っても、皮膚に刺激を与えるだけです。
皮膚を傷つけたり、必要な保湿成分まで落としてしまうので、皮膚のトラブルが起こる可能性が高くなります。

小さな子供がいる家庭は、お風呂場も軟水を使いましょう。
日本の水道水は軟水が出てくるのが一般的なので、簡単に利用できると思います。
しっかり石鹸を泡立ててから、優しく身体を擦ってください。
身体を洗う際は、余計な力を入れなくても大丈夫です。


TOPへ戻る